スタッフの声


「ダイブマスターへの道」
原稿寄贈 増渕貴



ダイビングに出会ったころ
自分はかなり出来ないダイバーでした・・・・

ダイビングを始めた頃は、「ダイビングを、やりたい!」という思いはあるのですが、潜水中は気持ち良く
潜れた事はありませんでした。呼吸は速く、パニックになりやすく、中性浮力どころか
水のなかでじっとする事さえできず、いつもあたふたして息苦しかったように思います。



ランクアップのきっかけ
そんな自分ですが、「出来ないことを出来るようにしたい!うまくなりたい!」と言う思いがあり、スキューバダイバーコースで
担当してくださったオーナーの丸山さんに相談し、ランクアップしながら上達を目指すことになりました。




ダイブマスターへの道のり
自分は特に中性浮力を取ることができませんでした。中性浮力が出来ないと潜水中の安定感がなく、
意識的にも不安定で軽いパニックの連続状態でした。そんな思いを理解してもらい、アドバンスやコアスペシャリティーで、
細かく分析してもらいました。

ひとつのテーマを消化できなかった時は、自分に合せて出来るまで同じテーマで
繰り返し練習していただきました。

都心から近い真鶴のこちらのお店は、そういった意味で通うにも都合良く便利でした。
そのかいもあって中性浮力取れるようになった頃には、ダイビング自体も安定して、カリキュラムも進み、
念願のダイブマスターを取得する事ができました。

できないながらも私自身の持ち味をいかして丹念に
指導していただいた、丸山さんにはとても感謝しています。




ダイブマスターになって
現在自分はダイブマスターとして活動しています。
当初「自分が出来ない事を出来るようにしたい」という思いで
始めたランクアップでしたが、今はこれまでの経験を活かし、

「不安を抱えているダイバーの助けになりたい!」と思っています。

「ダイビングをやりたい」と言う思いを大事にし、うまくできない人達に
一番近い存在として自分があったらいいなーと思っています。

そんな気持ちにさせて下さったショップの方や、ショップの常連の方々、同じくダイブマスターを目指した
仲間に出会えて本当によかったと思っています。


SCUBAPRO DIVING SCHOOL MANAZURU



トップへ
トップへ
戻る
戻る