2012年2月4日5日6日 の雪堀
実家が新潟は妙高市の豊橋地区の土路村という所になります。そんな景色の写真になります。


父母が里に出てから一月たった実家の様子です。
こうなっていることの予想は付いてましたが、人が住まない
という事は、こういう事なのかというのを、あからさまに実感。
この村での自然とのかかわりあい、を、考えさせられた3日間でもありました。

さてどうやって除雪しようかな・・・



家は村の県道より高い所にあります
通常の道からは上がれず、うらのがけからよじ登りました。



なぜ上がれないかというとこんな感じ・・・




わかりづらいですが道から4mくらいの雪がある感じです。




入口が見えない・・・



あった。
ドアが雪で押されて折れている。




雪がないとこんな景色
いつぞやの秋ごろかな。柿がほしてあるし。



これは春かな。




除雪開始
屋根がまだ見えません。



似たような位置からの撮影






とりあえず本堂のぐしからおとしました。



正面の屋根は崖が近いのでそのまま切って落雪。裏は山が迫っているので
段々にして裏の広い所へ。集めます。



こんな感じに掘り下げて、正面に持っていきます。
初日はこの辺まで。



家が冷え切っているためストーブを二台焚いても、10度以上にならない。
一番暖かいと思われるこの部屋で、みんな寄り添って寝袋で睡眠。
家は当然、水は出ておらず、風呂もないので、長野周りで山を越え1時間くらい出たところの
温泉に入り行き、飲み水を購入。洗い物はガスが出るので。雪を溶かして利用。
通常の道路は大雪で通行止め。復旧の見通しなし。



翌日は朝六時から開始。
裏の屋根も薄くなってきました。



正面はまだ屋根が出ず。
ガラスにぶつかり割れる事を一番気にかかりました。
立っているところから屋根まではまだ2mはあります。



二日目の夕方5時ころには玄関を掘り起こし広くなりました。



下から見ると。



落ちてきそうですが多分大丈夫。
入口の下から。



さすがに子供たちも疲れ、山を越えてとある食堂に。
くたびれきっております。当日は正面の屋根が出て、入口の屋根が出るまで出来ました。





三日目は本堂に着手



裏の屋根と同じように
段々の露天堀風に。
下から掘ると上から雪が落ちてきてしまい、生き埋めに
なってしまいますので上から50〜60cmづつおろして行きます。
ある程度下まできた所で撮影。



ひな壇みたな感じかな。



お昼は外でたべて。





納屋も終了
これは切れ込みをいれて自動落下


最終的に屋根がだいたい出ました。



一番心配された風呂場の屋根2mくらい掘り下げて出てきました。


この部分は・・・


こうなりました








裏は全部出来なかった・・・





雪が出てない時








最終日も朝6時くらいから始め、2時には終了。変える準備で、
1時間くらいかかり真鶴に戻ったのは、夜は10時くらいになりました。


本日は(6日翌日)疲れてぐったりしております。

でも、まぁ楽しかったかな。それなりに達成感はありました。
もう少しやらないとだめな所もあっていずれまた。



戻る
戻る